花粉症 目と鼻の症状と治療

hinamatsuri_odairi_ohina
皆さん、こんにちは。
園田です!

今日で2月も最終日ですね。
3月といえば、ひな祭り!

お子さんの居られない家庭では、
お祝いすることも少ないと思います。

ですが、ちょっとしたひな人形を出したり、
桃の花を飾って、ちらしずしやあられやケーキなどで、
行事ごとをお祝いして、季節の訪れを
感じてみてはいかがでしょうか?

行事ごとを大切にすることは
生活を丁寧に生きている感じがしていいですよね◎

忙しい日々を送っていると、知らない間に
時が過ぎていきますが、
行事を大切にすることで、忙しい毎日を振り返る
きっかけになりそうですね◎(*^^*)

では、今回も花粉症について
お話していきます!


花粉症 目と鼻の症状

sick_juketsu
【目の症状】

①目のかゆみ
目のかゆみは、症状の中で最も多くん人が悩まされています。
強く掻いたり、こすったりすると結膜や角膜を傷つけてしまったり、かゆみを増強させてしまったりするので気を付けましょう。

②充血
眼球の表面に花粉が付くことで、結膜炎をおこし、
目の血管が膨張することで赤く見えます。

③涙が出る
花粉によりアレルギー反応が出ると、かゆみと共に
涙が出てきます。この涙は花粉を洗い流す役割を果たしています。

その他見られる症状は
*目が腫れぼったい、目やにが出る、ゴロゴロする、かすむ、まぶしい、痛いなどがありますので、症状がひどくなる前に病院へ行くようにしましょう。



hanamizu_kamu
【鼻の症状】

①くしゃみ
花粉症のくしゃみは、連続して出ることが多く、
回数も多いことが特徴です。

②鼻水
花粉症の鼻水はさらさらとしており、
涙とほとんど成分が同じです。

③鼻づまり
花粉症の鼻づまりはアレルギー反応によって
鼻の中の粘膜が腫れ、空気が通りにくくなり
鼻詰まりを起こします。


花粉症の治療

eye2_img01
花粉症の治療では、初期段階からの治療が効果的です。

①まずはひどくならないうちに
薬物療法を導入しましょう!

症状が軽い、初期段階で治療を始めていると
花粉の飛散量が多くなる時期にも、症状をコントロールことができ、そのシーズンの症状を楽に過ごすことができます!

②かゆみなどの症状が出てきたら
目薬や点鼻薬で症状と戦いましょう!

③症状が軽くなっても
花粉シーズンが終わるまでは、くすり等を継続し
症状が抑えられた状況を保ちましょう!

花粉症ナビより引用

まとめ

以上、花粉症の症状と治療についてお話してきました。
花粉症に限らず、治療は早めが効果的な事が多いですね◎

毎年、悩まされる花粉症ですので少しでも楽になるよう
事前に治療や対策について作戦を立てましょう!!