結露が良くない理由

mado_ketsuro
皆さん、こんにちは!
園田です◎

気温が下がってきて、いよいよ
本格的な寒さがやってきそうな予感…(*_*)

冬になり、暖房をつけることによって発生する結露!
その時期が近づいてきていますよ~( ゚Д゚)

結露が発生する前に
結露について知り、対策を立てていきましょう!

不快なだけじゃない、結露がイヤ~な理由!

窓辺をぐっしょりさせる不快な結露。
結露が多く、ジメジメとした環境では、目に見えないところにも
住まいに問題が発生しています!!

どんな、問題があるのか見ていきましょう!
12b3a1f1b5dbfbe36b9a6a35b51f2ee61
①カーテンや壁紙がボロボロ

窓についた結露が直接つくのがカーテンです。
カーテンはびっしょり濡れ、窓の汚れがカーテンについてしまうことも(*_*)
濡れたままの状態が続き、カビも生えてしまいます。

壁紙も結露に湿気で剥がれてきてしまったり、カビが生えてしまったり…
せっかく、かわいい壁紙を選んでいても、台無しになってしまいます。。。


②建物の構造体が腐食
断熱材や木材に水分が残り、カビの発生・住宅材の腐食により
耐久性が弱くなってしまう可能性があります。


③カビやダニが発生、健康が心配
カビやダニが発生しやすい環境を作ってしまいます。
カビ・ダニはアレルギーなどもあるので、ぜんそくなどを誘発してしまう可能性も…
健康被害にも注意が必要!


④布団やまくらがジメジメ
安眠には快適な寝具環境が必要です。
湿気を帯びた寝具は冷たくてジメジメ…心地よくありません。
また、カビやダニが発生してしまう可能性も高くなります。


⑤こんなところに!箪笥の後ろにまでカビが!
見えないところにまで被害が及ぶ結露。
久しぶりに見た箪笥の後ろにはカビが…
大事な家具をダメにしてしまうなんて、悲しすぎます(´;ω;`)


⑥髪の毛もぼさぼさに…
結露が発生するということは、湿度が高い状態です。
せっかくセットした髪の毛も、湿気を吸い込んで、ぼさぼさに…
ねこちゃんもイライラしてしまっていますね…苦笑



今回は結露が嫌な理由について、お話しいたしました◎

次回は、結露が発生する理由についてお話ししていきたいと思います~◎