結露予防には温度も重要!

ondokei1
皆さんこんにちは!
園田です(*^^*)

前回は結露と湿度についてお話ししましたが、
今回は結露と温度についてお話ししていきます!

結露と言えば水蒸気・湿気のイメージが強いので
温度も関係あるの?と思われるかもしれませんが、
以前お話ししたように、湿度と温度の条件が揃った時に
結露が発生します!

では、家の中で温度のせいで
結露が出やすいところを探していきましょう!!!


こんなところは温度が低く、温度差が大きくなりやすい!

5cc516dc7c90525b5fa78a8d71dc44ed
①窓枠や窓ガラス、玄関ドア

外気に冷やされて温度が低くなりやすいので
結露が発生しやすくなります。
結露と言えば窓ガラスのイメージも納得ですね。

解決方法
断熱性が高い素材を選ぶ!

例えば…
◎ガラスは1枚ガラスから複層ガラスへ
複層ガラスはガラスとガラスの間に空気層を
持っているので、暖かくなります!

◎枠はアルミから樹脂製のものへ
熱伝導率がいいアルミと比べて、樹脂は1000分の1
なので、外気の影響を受けにくく冷たくなりません♪

また、お部屋全体を温めると
窓や壁も暖められて温度が上がります!

27a429e2f66e38a93dab0a11c4a570a8
②家具の後ろや押入れ

空気が流れず、こもりやすいので
温度は低くなり、結露が発生しやすくなります。
これが壁のカビの原因になります。

解決方法
壁と家具の間にすき間を作る

家具と壁の間にすき間を作って、空気の流れを作りましょう。
押入れ収納の下にはすのこ等を敷いて
すき間を作り、通気するのも効果的です!

dannnetu1
③暖房をしていない寒い部屋

温かい部屋から冷えた部屋に湿気が流れ込むと、温度差によって結露が発生してしまいます(*_*)

解決方法
住まい全体の断熱性を上げる

住まい全体の断熱性を上げることが1番の対策です!
魔法瓶の様に保温され、住まい全体の温度が下がりにくくなります。
また、暖房をしていない部屋では湿度の上昇に注意して、除湿をするようにしましょう◎



以上ですが、家の中で温度が低くなりやすく
結露ができやすいところがよくわかりましたね◎
解決方法を参考にして、住まいの中に温度の低い部分を
作らないようにすることが結露予防の重要なポイントのようです!

住まいの温度を快適に安定させるには、住まい全体の断熱化が効果的です!
結露に悩まれている方、いつでもご相談ください!!