なんで、カビがでるの?

virus_mask_woman
皆さん、こんにちは!
園田です!

いよいよ、冬らしくなってきましたね。
冬になるときになる乾燥。

乾燥は美容健康の天敵です(*_*)

私が特に気になる乾燥は、喉の乾燥です。
寝ている間は特に乾燥してしまいます。
起きたら、喉が痛い…(*_*)
なんてことも多くあります!

そんな時は濡れたタオルを部屋に干して寝たり、
マスクをして寝ることで、軽減することができます◎

ウイルスは乾燥すると元気に活動してしまいますので、
しっかりと保湿管理をして、体を守りましょう~◎


さて、今回はその湿度が高すぎると発生してしまう
カビについてお話ししていきたいと思います◎(^^♪

カビが出る理由と対策

kin_kabi
①アルミサッシとエアコンの普及

戦後、日本では加工しやすいアルミサッシが普及しました。
アルミサッシは気密性に優れており、すき間風などを
防ぐことができる反面、断熱性が低いため結露が発生しやすくなります。

カビは湿気の高いところにできやすいので、
結露はカビの原因となってしまいます。

また、エアコンが普及したことにより
部屋の換気をする機会が少なくなり、
さらに室内の湿度が上がったため、
カビが増えたと言われています。

onsitkei
②湿度・温度管理が必要

結露予防と同様、カビにも湿度・温度管理が必要です。
カビは室温0℃以下で生息しなくなりますが
0℃の部屋で生活することなんて、現実的ではありませんよね(*_*)

なので、湿度の管理が重要になってきます。
湿度60%以下でカビはやがて死滅します!

高気密・高断熱住宅が必須条件ですが、
程よい換気と除湿が必要となります!

温湿度計を活用しながら、こまめに調節しましょう!

souji_reizouko
③こまめな掃除

こまめに掃除することにより、カビのえさとなる
汚れを除去します。

掃除で取ることができる汚れの中では
人の垢やせっけんカス・食べものなどがあります。

これらに注意して、掃除をすることで
カビの発生を防ぐことができそうですね◎!


まとめ

結露の多いところに、カビあり!(*_*)

結露を防ぐことがカビを防ぐことの近道になると言えそうですね♪

カビにはアレルギーなどもあるので、体に異変を起こす前に
しっかり予防して、健康を守りましょう(*^^*)


次回は、カビの取り方などについて
お話ししていきたいと思いますので、ぜひご覧ください(*^^*)




http://madoshop-koberokko.jp/wp-admin/post-new.php?post_type=blog#