警報レベル!インフルエンザ対策を!

kin_kabi
皆さん、こんにちは(*^^*)
園田です!

今現在、とってもインフルエンザが流行していますね(*_*)
兵庫県では警報レベルと言われています!

今日はドアのお手入れについてのお話は
はお休みして…
日常でできるインフルエンザ対策について
お話していきます!!

インフルエンザの感染源

virus_seki
インフルエンザ委の感染は、咳やくしゃみによる飛沫や接触によって体内にウイルスが入ってしまうことで起こります。

そこで普段から、体内にウイルスが入るのを防ぐようにしましょう!!
まずは、感染源について!

飛沫感染
感染している人の咳やくしゃみにより発生した飛沫を吸い込むことで感染する。

接触感染
感染した人が触った直後のドアノブなどを触り、そのまま目・口・鼻に触ることで感染してしまう。

日頃からできる予防方法(もらわない、うつさない)

neru_sleep_woman
ここで、インフルエンザの予防法についてご説明!

①睡眠で抵抗力キープ
普段から健康管理をするのに欠かせない睡眠。
質の良い睡眠をしっかりとって、抵抗力をアップしましょう!

②手洗いうがい
人が多く集まるところから帰ったら、手洗いうがいをしっかり!!マスクも忘れないように装着しましょう◎
うがいは口腔内をぐちゅぐちゅうがいをしてから、喉(咽頭)をガラガラうがいする方法が効果的です!


③アルコールで手指消毒
アルコールを含んだ消毒液で手指消毒をしましょう!
家の中でもこまめにしたり、手が洗えない環境でも使うことができるので非常に便利です!

④乾燥を防ぐ
巻子した環境では、ウイルスはさらに力を発揮します!
室内の湿度に注意して、しっかりと湿度管理をしましょう◎

⑤咳エチケット
風邪をひくと咳が出ます。
咳の仕方ひとつでも、感染のしやすさは変わってきます!
咳エチケットについて詳しくお話しますね!


意外と知らない!?咳エチケット

皆さんは咳エチケットできていますか?

さすがに咳をするときに、人の顔に向かってする人はいないと思いますが(笑)
意外と知られていない咳エチケット。

ここで一度、一緒に確認しましょう(*^^*)


sick_seki_etiquette1
①手も当てずに咳をする

咳をすると唾液が3メートル飛散すると言われています。
もし風邪やインフルエンザのウイルスを持っていたら、
その分ウイルスをまき散らしてしまいます!
sick_seki_etiquette2
②手のひらを口に当てて咳をする

この方法で咳をする人も多いのではないでしょうか。
①の様に周りに飛散することはありませんが、手は
この後、色々なところに接触します。
そのたびにウイルスをまき散らしてしまうことに。
咄嗟にこの方法で咳をしてしまった場合は
すぐに手洗いをするなどして。接触感染を防ぎましょう!



sick_seki_etiquette5
①肩口に向かって咳をする

肩口は普段の生活であまり接触することがありません。この方法は推奨されています!

sick_seki_etiquette4
②マスクをして咳をする

咳をしていたら、マスクをする方が多いと思います◎
咳くしゃみがあるときは積極的に着用するようにしましょう!
sick_seki_etiquette3
③ティッシュなどで鼻口を覆う

使用後のティッシュはすぐに
捨てるようにしましょう!

まとめ

外出を全くしないというわけにはいきませんが、人が多く集まるところを避けるなど
多くの人との接触を控えるように意識しましょう◎


インフルエンザを予防するには、基本的な予防方法を
確実に行うことが重要そうですね◎
しっかり予防して、健康で元気に過ごしましょうね!(^^)!