家の防犯について考えよう⑦

pyoko10_halloween
皆さんこんにちは。
園田です!(*^^*)

来週はハロウィーンがやってきますね(*'ω'*)
ここ数年前から日本ではクリスマスに次いで
一大イベントになりつつあるハロウィーン。

ハロウィンそのものをお祝いするというより
もはや仮装大会ともいえる日本のハロウィーン(笑)

なぜここまで、盛り上がるようになったのかは
私にはわかりませんが、ハロウィーンの起源って皆さんご存知ですか?


ハロウィンの起源をたどると、古代ケルト人(現在のヨーロッパ北部やイギリス周辺)にあるそうです!
その時代10月31日が1年の終わり(大晦日)としていたケルト人は、この日の夜にお化けや魔女がやって来ると言い伝えられていました。

そのお化け対策のために、自分たちもお化けや魔女などの恰好をして、魔物を追い払う習慣があったそうでです。
それが、今の仮装の由来となっています。

分かっているようで意外と知らない行事の起源。
これを知ることで、よりイベントを楽しめそうですね(*^^*)


では、本日も防犯についておはなししていきます!

空き巣のガラスの割り方

jiko_dorobou_window
空き巣のほとんどが窓ガラスを割るなどして侵入してきます。
いったいどのようにして、犯人たちは
窓を割り、侵入しているのでしょうか。
その手口をご紹介していきます!

①打ち破り
一番わかりやすい割り方。
バールやハンマーなどでたたき割る方法です。

犯行時間は短いのが特徴ですが
音が出やすく、バレるリスクが高いので
周囲に気づかれたくない空き巣魔は
あまりしない方法です。




②こじ破り
別名三角割り
マイナスドライバーを窓枠とガラスの間にねじ込み
ガラスを割る手口。
音もあまりしないので、中に住人がいても
気付かれないことも。。。
プロになると時間もかからない。


③焼き破り
その名の通り、窓ガラスを焼いて破ります。
使われるものはターボライターやガスバーナー。
音もしないし時間もかかりません。
外国人犯行に多かったのですが、最近では日本人でも増えています。そして、対策が立てにくいのがこの方法です。
強いて言うなら、雨戸やシャッターを閉めておくことでしょう!



正しいガラスの選び方

20060819-cpmark
①CPマークのあるもの
警察庁や経済産業省、板硝子協会、日本サッシ協会その他多くの集団が参加する組織が決めた防犯基準をクリアしたガラスに付けられるマーク。
このマークがついているガラスは防犯性が高いです。
ガラスを選ぶ際はこのマークがついたものを選びましょう◎


②予算やグレードに合わせて選ぶ
防犯ガラスの中にもグレードがあります。
素材が違ったり、厚みが違ったり…
最上級がいいのはわかりますが、
防犯性が高いほど値は上がります。
予算に合わせて、選びましょう◎


③せっかくだから断熱性のあるものを
防犯は第一ですが、せっかくガラスを変えるなら
断熱性にも着目しましょう!!☆
複層ガラスや遮熱ガラスなど種類は豊富です。
毎日使うお部屋ならなおさら、快適な方が良いですよね◎


まとめ

防犯ガラスは普通のガラスに比べると高価ですが
空き巣に入られ、盗難に遭った場合の被害額や
精神的な苦痛のことを考えると、決して高い買い物ではありません。

また、今あるものを活用するとすれば、
雨戸を閉めるなどの工夫をしましょう!

うちは大丈夫だから…とは思わずに
防犯措置を講じておくのが賢明と言えますね◎

ガラスのことでご相談がありましたら
問い合わせフォームからいつでもお気軽にご相談ください!!(*^^*)