ヒートショック予防⑤

みなさん、こんにちは☺
園田です!


銭湯やスーパー銭湯ってみなさんはお好きですか?
私は昔ながらの銭湯が大好きです◎
ですが、最近はスーパー銭湯が増えて昔ながらの銭湯が
減ってきていてなかなか見かけなくなりましたよね

ところが先日、自宅の近くに昔ながらの銭湯を発見しまして!!
早速行ってまいりました◎


入湯料も250円と格安!!!
お風呂の内容もシンプルですがそれがまたいいんですよね◎
しかも、スチームサウナ・ドライヤー・マッサージ機も無料!!
すばらしいコスパで癒されて帰ってきましたよ☺
リピート決定です◎(笑)




さてと、話は長くなりましたが(笑)
今日は銭湯と関係があるヒートショック予防についての
お話をしていきます~

銭湯がヒートショック予防につながる?

th
ひとりでお風呂に入る方が多いとは思いますが
 ヒートショックによる死亡事故を防ぐためには 可能な限り、
一人での入浴は避けましょう!


家族による見守り、公衆浴場、日帰り温泉などを利用し
万が一の場合にもすぐに対応してもらえるようにすることが大切です。


 一人で入る場合でも浴室の温度が上がりきらない
1番風呂は高齢者には勧めないようにしましょう。
また、入る前に同居者に一声かけておくことで安全が保たれます。


家族で協力し合い
家族の安心・安全を守って行きましょうね。


一人暮らしの方はこれが難しくなると思いますので
内窓の取付など環境面での対策もしていきましょう!
内窓のご相談はご気軽にお問合せ下さい!
ご相談・見積もりは無料です☺
マドリモ簡単シュミレーションはこちら。


☆内窓のカンタン見積もりシュミレーションはこちら
http://kobe-rokko.madoshop.jp/shop/madoremo/