MADOショップの防災リフォーム②

jishin_tsukue
みなさんこんにちは(*^^*)
園田です。

毎日、どこかで小さな地震が起こっている日本。
先日も目覚ましが鳴って、さあ起きようか…
と布団な中にいるときに、
ガタッと一瞬揺れて、とてもびっくりしました。

そのあと、大きく揺れるかもと
警戒していましたが、揺れることはなく。。。

気のせいだったのか?と思いましたが
後から調べてみると、震度1の揺れがあったようです。

いつなんどき、地震に遭うかはわからない、、、
改めて、警戒・避難の準備をしておかないと
いけないなと感じさせられました。

ではでは、今回も
地震対策についてお話していきます!


地震対策ー2 二次災害を防ぐ

jishin_kiken_block_bei
2018年6月大阪北部で直下型地震が発生し、
住宅被害は4万棟を超え、家屋が密集する地域の弱さが露呈しました。

古くなったブロック塀での人的被害も話題になりました。

現在、国土交通省からもブロック塀の点検が
強く求められています。

とは言っても、ハード面の改善は時間を要します。
いつ、どこにいるときに大地震が起こるか
わからないのが現状です。

そんな中、自信の身を守るためにできる事を
考えましょう◎
jishin_kiken_rakkabutsu
①グラっと来たらまず身を守る
今は地震が来る前に緊急地震速報がなります。
揺れると思ったら、まず頭を守る体勢を取りましょう。
何か頭を守るもの(布団や座布団)がある場合は使用し、近くにない場合は、手のひらを下にして、頭の上で左右から覆うようにする。
外にいるときは、建物から離れる
または、丈夫そうな建物の場合は中に入りましょう。


②素早い消火・火の始末
小さな揺れの時はまず火を始末。
大きな揺れの場合は、まず身を守り、揺れがおさまってから、すぐに始末するようにしましょう。

③窓や戸を開け出口の確保
ドアや窓が変形して開けられなくなることがあります。
落ち着いたら、すぐに窓を少し開けるなどして
閉じ込められないようにしましょう。
ですが、慌てて外へ飛び出すのは危険です。
揺れがおさまってから落ち着いて行動しましょう。

④狭い路地、塀ぎわ、がけ、川べりに近づかない
ブロック塀、門柱、自動販売機などは倒れやすいので、特に注意しましょう。
路肩や法面が崩れることがあります、注意しましょう。


⑤正しい情報、確かな行動
うわさ話やでまに振り回されないようにしましょう。
まずはテレビやラジオなどで正しい情報を入手しましょう。

これらの対策は、一般的なものです。
その場で冷静な判断のもと大切な命を守りましょう

対策① 古くなり、傷んできた『ブロック塀』を『アルミ形材フェンス』に改修

jishin_kiken_hibi_hei
ずっしりとしっかりとしてるようなブロック塀ですが、
地震ではブロック塀は倒れやすいというのが
一般的な考えのようです。

悲しい事故を防ぐためにも、
今、一度ご自宅のフェンスや塀を見直してみましょう!

当店ではブロック塀からフェンスへの交換工事も
承っております!
screenfence_ph01_pc
ルシアス スクリーンフェンス
index_ph01_pc
ルシアス フェンス
fence0-pc
シンプレオ フェンス
※フェンスへの改修は、補助金対象になる場合も!
自治体によっては助成金の設定があります。
必ずお住まいの自治体にお問い合わせいただくか、
ホームページなどでご確認ください。


地震対策のリフォームについて、確認したいことや
相談したいことなどございましたら、お気軽にお問合せ下さい!


神戸市全域・芦屋市・西宮市・宝塚市・三田市・明石市・尼崎市・川西市・伊丹市・猪名川町で
窓・玄関ドアにお悩みの方は、

MADOショップ神戸六甲店までお問合せ下さい!
078-891-6369