スタッフブログ

第2章 断熱性 上げるのカンタン 窓断熱①

2018年2月20日|カテゴリー「園田ブログ

皆さんこんにちは(#^^#)
園田です◎


最近は、寒さの中に春らしい暖かさを感じる事が出来て
ほっこりとすることが多くなりました◎

ですが、まだまだ朝晩は冷え込みますね((+_+))
体調を崩されないように体を大事にしましょうね。


さてさて、今回からは神戸の窓のお話第2章に突入です!
窓の断熱性についてお話していきたいと思います(^^)/


断熱窓と無断熱の違い

これまで、断熱窓、無断熱窓と何度も言ってきましたが
一体【断熱窓】と【無断熱窓】どこがどう違うのでしょう?

また、【断熱窓】のどこかすごいの?と思われる方も
多いのではないでしょうか?

違いは色々とあるのですが、
まず、今回は窓のフレーム部分の違いについて
詳しく説明していきたいと思います◎


【無断熱窓】と言われている従来の窓のフレームはアルミ製です。
アルミは熱伝導率がとてもよく、外気の熱(暖気・冷気)を
取り込んでしまうのでお部屋が外気の影響を受けやすくなってしまい
冬は寒く夏は暑くなってしまうのです。
こういった、断熱機能の低い窓を【無断熱窓】と言います。


【断熱窓】のフレームは樹脂製(プラスチック)です。
樹脂は熱伝導率が低く
なんと、アルミのおよそ1000倍熱を伝えにくい性能を持っているのです!

なので、外気の影響を受けにくく断熱性が高いのです
また、室内の熱も外に逃げにくく、
冷暖房の効きも格段に良くなり、
一度温めた(夏場は冷やした)部屋の温度も維持することが
できるのでとっても省エネなのです◎
この様な断熱性の高い窓を【無断熱窓】と言います!


日常で感じる熱伝導の違い

7d2bd37d0a858ef786ef195b4666d130
無断熱窓と断熱窓の違いが分かったところで
身近に感じる断熱性についてお話します!


皆さん!
氷がたっぷり入った冷たーい飲み物を思い出してみてください。


これを写真左のように
アルミ製のコップに入れると外側までキンキンに冷えて
コップの外側に水滴が発生して、コップがべちゃべちゃになっちゃいますよね。

ですが、写真右のように
プラスチック製(樹脂)のコップに入れてみたらどうでしょう!
コップの外側が冷たくなりにくく、水滴で濡れてしまうこともありません◎

これが熱伝導率の違いです!


この樹脂を窓のフレームに使用すると
どんないいことがあるかは
先ほど説明させていただいたとおりですよね♪




アルミと樹脂の特性の違いについての説明は以上ですが、
樹脂の機能性の高さについては十分お分かりいただけたと思います!(#^.^#)


次回は、断熱窓と無断熱窓のガラスの違いについて
お話していきたいと思います~◎(^^)/





madorimo2

第1章 震災復興 見落とされた 窓断熱②

2018年2月5日|カテゴリー「園田ブログ

省エネを窓ガラスに



阪神淡路大震災の四年後…
次世代省エネ基準が発表されました。

しかし、神戸は次世代省エネ基準が発表される前に
急ピッチでの住宅復興を余儀なくされ、窓の省エネ・断熱性については
じっくりと考えることができず、後回しせざる負えない状況でした



20年前と今の窓の違い

sa-mo
左が二十数年前まで主流だったアルミサッシと単板ガラスの窓です!

右は大震災の数年後から注目されている樹脂のサッシと複層ガラスの断熱窓です!

今回は外気温が低い冬場を想定して比較しています。




右の断熱窓はガラス部分も冷えずに保てていますが、
アルミサッシのほうは見事に窓だけが冷え切っているのがよくわかります。
この窓から多くの熱が逃げて行っているのです
これだけ冷えていれば、お部屋に冷気が流れてくるコールドドラフト現象が
起きるのも納得ですね。


窓断熱も一日で可能に

震災復興から今年で23年。
住宅の建て替え、改修後すぐに窓だけを変えるという
余裕はなかなかなく、神戸の多くの窓は『無断熱』のまま今を迎えています。



そんな、無断熱な窓を健康で安心な生活が送れる窓にしようと
今では1日で窓断熱にリフォームできるようになりました。

ぜひ、今からでも窓について考えてみませんか?
きっと、今までより快適な毎日を送ることができますよ♪



次回は断熱窓と無断熱窓の違いについて
さらに詳しくお話ししていきます(^^♪

madorimo2

第1章 震災復興 見落とされた 窓断熱①

2018年1月29日|カテゴリー「園田ブログ
皆さん、こんにちは!

今回は窓断熱についてお話していきたいと思っております!(^^)!

皆さん、家を建てた時、選んだ時【窓】についてどのくらい考えられたでしょうか?
現在、【窓】は家を建てる際にとても重要な項目として捉えられています!

なぜなら、熱の大半は窓から出入りしているからなのです(*_*)


窓からの熱の出入りはとても大きい!

2d7c4ec89213a58275987249288dc7bd
この図の通り
窓は熱の出入りが一番多い場所です(*_*)

断熱性のない窓では
夏は外から流入する熱の割合はなんと74%
冬は中から熱が逃げ出す割合は52%となっています!!

せっかくエアコン使って冷やしたり、暖めたりしても効きが悪くて
電気代がもったいないですよね(*_*)

震災復興と窓の関係

今から、二十数年前の住宅のほとんどは単板ガラスが入ったアルミサッシでした。
二十数年前というと1995年1月に阪神淡路大震災が起こりましたね。

大きな被害を受けた中で急ピッチで復興に向けて動き出しました。
震災以降、耐震化と壁断熱を最優先された家づくりが進められました。


ef9ceb5448ecfc0203ba0ce07698e21a
神戸の街は、約3年でおよそ6万棟の住宅建てられ、驚くべきスピードで復興に向けて
動き出していました。

復興にあてられた予算は早期復興と
再び地震が来ても倒れないような強い家を!と耐震性に重きが置かれました。


仕方のないことですが、
復興直後に建てられた神戸の住宅では
窓断熱は重要視されなかったのです(*_*)

無断熱である単板ガラスの入ったアルミサッシが多くの住宅に使用されました。



震災から四年後の平成11年。
単板ガラスから複層ガラスへ移行する
『次世代省エネ基準』が発表されました。




次回へつづく…。


madorimo2

玄関ドアのお話⑤

2018年1月29日|カテゴリー「園田ブログ

ドアとおうちの外観

c7d781dd795caff38c615fca384d80db
こんにちは( ^ω^ )

今回は玄関ドアのお話最終回です!(^^)!

これまでは、玄関ドア交換の性能のメリットについてお話してきましたが、今回は少し違う角度からお話させてください( ˘ω˘ )



みなさんはおうちのお顔、外観についてお考えに
なられたことはございますか?






きっと、よそのお家は外から見ることが多いと思うので、外観を見て『おっ、いい家だな!』『こんな家住みたいな』『いい色してるな』などと各々に感じる事は多いと思います!
しかし、ご自身のお家を少し遠くから見てみて評価することって少ないですよね!



玄関ドア交換で家に愛着が…

以前、このようなお客様がいました。
玄関ドアを交換されてから、お家の外観をよく見るようになり、
『外壁を変えたらもっといい家になるんじゃないかな』と感じ
玄関ドアに引き続き外装工事をされたのです。


玄関ドアを気に入ったものに変えたことをきっかけに、
お家に愛着がわき『もっと良くしたい』という気持ちが
外壁工事をされるきっかけになりました(#^^#)


そうすれば、次に家に合った木を植えようかな…お花を植えようかな…
置物を置いてみようかな…とどんどん素敵なお家に変身していき
どんどんお家が好きになっていくと思います(#^.^#)



いつも使う玄関ドアは、出入り口の役目だけではなく
お家の顔として大きな役目があるということを知り、
より良いお家づくりができると考えています。


そして、きっとこの様にご自身で考えてリフォームしたお家は
必ず、きれいに手入れして長年大切に住まれると思うのです◎


玄関ドア交換がお家を大切にするきっかけになれば
私たちにとってこんなに嬉しい事はありません


こんなにも雰囲気が変わります!

百聞は一見に如かず!!

ということで、わかりやすく施工事例のご紹介を◎
before
BEFORE-1
きれいにされていますが、
ドアの雰囲気が少し重いイメージですね。

horizontal
after
AFTER_0
以前のものより明るめの扉に!

多くを語らなくてもわかりますよね◎(笑)
ドア交換一つでとっても良い雰囲気になりました!

皆さんも、この機会に一度、ご自身のお家を客観的に見てみませんか◎

きっと、見た目も性能も今よりもっと素敵になるチャンスが
どのお家にもあります!!(#^.^#)


少しでも気になる!と思われた方は
ご気軽にご相談くださいませ◎
素敵なお家づくりの一歩をぜひMADOショップに協力させてください♪


main1-252

玄関ドアのお話④

2018年1月26日|カテゴリー「園田ブログ
setsubun_mamemaki
皆さん、こんにちは(#^^#)

来週はいよいよ1月最後の週ですね!

2月には節分があります!
1年の無病息災を祈って、豆まきや豆を年の分食べたり、
その年の恵方を向いて太巻きを食べながら願いごとを心の中で唱えると
いった楽しい風習もありますね(#^^#)

この恵方巻の風習、実は関西が発祥の地で
太巻きを食べる理由は【福を巻き込む】ということに
かけているんだとか◎

ちなみに今年の恵方は南南東です!


恵方巻をただ食べるだけより、由来や意味を理解しながらすると
より節分行事を楽しむことができそうですよね(#^^#)



おしゃべりはこの辺にしておいて…(笑)
本日は玄関ドアからの【採光】について
お話していきますね(^^♪


saikou
こんなお悩みありますか?

玄関が明るいと気分も明るくなりますよね!
明るい玄関で気持ちいい1日のスタートを迎えたい(*'ω'*)

だけど、こんな悩みがあると、自分の希望に合ったものがあるかなあ(''_'')?
などと不安に思われることもありますよね。

YKKAPの玄関ドアは
様々な光の入り方でデザインを展開していますので
少しばかりご紹介!(^^)!


ご自分の好みで選べる玄関ドア

XAAAA-H17-130-1_0026
扉デザイン別の光の入り方


窓の大きさで光の入り具合を調整できる【上部採光】
足元までしっかり光が入る【スリット】
視界を遮りながら採光できる【小窓採光】

この三種類から好みの玄関ドアを選べます(#^^#)


saiko
枠・子扉による採光

【片袖・両袖FIX】
扉の横にガラスを配した枠。乳白色の防犯ガラスを採用し
外からの視線の遮断や防犯にも適しています。

【らんま付枠】
扉上部にガラスを配した枠。
横幅にゆとりがない場合も採光が可能。

【採光付子扉】
親子ドアを選んだ場合、子扉(小さい方のドア)で最高することも可能。


今のご自宅にあった採光の方法を見つけることができます◎(*'ω'*)




外からの室内の見え方は?

miekata
窓には型ガラス(表面に型模様をつけたガラス)を採用。
昼間は室内照明を点けなければ、外から室内が見えにくい造りです。
夜間は室内照明を点けると外から室内が見えてしまう場合があります。

このような、デザイン性の高い玄関ドアもあって
視線を遮りながら、しっかりと採光できます◎


たかが玄関、されど玄関。
このブログをきっかけにお家の顔でもある玄関について
改めて考えて頂けたら、嬉しく思います( ^ω^ )


今まで我慢していた、目をつぶってきた、後回しにしてきたことが
一つのリフォームで解決したら嬉しいですよね!(^^)!


ご相談だけでも構いませんので、何か気になることがございましたら
お気軽にお問い合わせください(^^♪







main1-252

scroll-to-top