スタッフブログ

温活しましょう①

2017年12月22日|カテゴリー「園田ブログ
こんにちは☺
園田です!!


寒さも本格的になってきましたが、みなさん体調はどうでしょうか?
風邪ではないけど、なんだか調子が悪い、寝ているのに寝不足を感じるなどありませんか?

もしかしたら、それは体の冷えから来ているかもしれません


そこで今話題の温活について今回はお話しさせて頂きます~◎

温活ってなに?

fuyu_atataka
【温活】とは、健康を維持するために適正な
体温まで基礎体温を上げる活動のことです!

体温は1℃下がると免疫力が30%・
基礎代謝は12%低下すると言われています。

また、1℃上がると免疫力が5~6倍上昇すると
言われており、【冷えは万病のもと】と
言われる理由も納得がいきますよね

まずは身体を温めよう☺

haramaki_woman-e1513902023857
①おなかを温めよう!!

お腹を温めるためにまず有効なのは腹巻!!
温活で大事なのは、まず体を温めることが大切なのですが
特に重要なのは下半身を温めること!

腹巻はお腹を温めるだけでなく、
お腹周辺には沢山の臓器が集まっているので、
それだけ多くの血液も集まっています。


 腹巻をすることでお腹と腰を温めることができ 、
臓器の血流を促進させて全身を温める効果につながります◎
 何かを習慣づける訳ではないので、誰でもすぐに始められるのではないでしょうか?
また、腹巻はゴワゴワして服が着づらくなるのが嫌
という方もいるのではないでしょうか?

 その場合はタイツなどを履き、お腹まで上げることで
代用できますし、 今人気のヒートテック素材の腹巻などを
使用するとかさばりませんし、いいかも知れません◎

私はヒートテック素材のショートパンツと腹巻が
ひとつになったインナーを愛用していますが
 お腹と腰だけではなく、女性は特に冷えやすいお尻回りも
同時に温めることができるので 、これは本当にオススメです~◎



②三つの首を温めよう!!


三つの首とは
【首・手首・足首】です!

服装に関しては下半身の防寒が大事ですが
それ以外のポイントはこの三つの首です☺
三つの首を温める理由は
①血液を運ぶ動脈が体の表面に出ている場所
②襟・袖・裾の隙間から冷気が侵入してくる
という事が理由です。

首はタートルネック・マフラー
手首は手首まである手袋・アームウォーマ―
足首は長めの靴下・レッグウォーマーで温めましょう!



 ぜひ、参考にして頂けると嬉しいです☺
すぐにできることから、少しずつ温活を初めて行きましょう☺
次回も温活についてお話していきます◎

最終回 ヒートショック予防⑥

2017年12月18日|カテゴリー「園田ブログ
christmas_santa_tonakai
みなさん、こんにちは☺
園田です!!


待ちに待ったクリスマスもあと少しですね
街中クリスマスモード全開でなんだかワクワクしてきますよね
みなさん、クリスマスのご予定はお決まりでしょうか?



クリスマスといえばプレゼントをくれるサンタさん!
実はサンタさんって公認制があるって知っていましたか?

グリーンランド国際サンタクロース協会が存在し現在世界には認定サンタが
120人いて日本ではたったの1人!!!
あなたも日本で2人目のサンタになれるチャンスがあるかも知れません!!(笑)
サンタになれるってなかなか夢がありますよね~◎


ぜひ、クリスマスパーティーの話題のひとつにこの豆知識を
披露してみてはいかがでしょうか(^^♪




さて、話は変わりまして(笑)
今回はヒートショック予防シリーズ最終回です!

食事直後・飲酒後の入浴は危険!

夕食時の晩酌は一日の疲れを癒してくれる最高のひと時ですよね~
アツアツのお鍋にビール・おでんに熱燗
想像すると食べたくなっちゃいます。

しかし、その後の行動で取り返しのつかないことになってしまうので要注意!

食後1時間以内や、飲酒後は血圧が下がりやすくなるので
入浴を控えた方がいいのを知っていましたか?


温泉番組でよく見る光景…
露天風呂に入りながら熱燗を頂く!
寒い冬には最高の光景に見えますが
夢の中でにとどめておくのが安全のようですね。


第3回目に紹介した【夕食前の入浴が良い】というのは
気温の面だけではなく身体面でも重要なことでした。

また、入浴前には水分をしっかり摂ることが大切です。
水分の取り方は入浴10分前に白湯などの温かいものを摂りましょう☺


ヒートショック予防を心がけて
気持ちよく入浴をして健康な日々を過ごしていきましょう☺


今回でヒートショック予防については最終回でしたが
新聞で記事になるほどヒートショックについては注目されています。
また、ヒートショックの危険性はもっと冷え込むこれからが本番です。
今すぐできることから取り入れてご自身と家族の安全を守り
良い一年を締めくくりましょう♪




おうちの温度を2度上げる
内窓のご検討・見積もりについてはこちら☺
http://kobe-rokko.madoshop.jp/shop/madoremo/

ヒートショック予防⑤

2017年12月14日|カテゴリー「園田ブログ
みなさん、こんにちは☺
園田です!


銭湯やスーパー銭湯ってみなさんはお好きですか?
私は昔ながらの銭湯が大好きです◎
ですが、最近はスーパー銭湯が増えて昔ながらの銭湯が
減ってきていてなかなか見かけなくなりましたよね

ところが先日、自宅の近くに昔ながらの銭湯を発見しまして!!
早速行ってまいりました◎


入湯料も250円と格安!!!
お風呂の内容もシンプルですがそれがまたいいんですよね◎
しかも、スチームサウナ・ドライヤー・マッサージ機も無料!!
すばらしいコスパで癒されて帰ってきましたよ☺
リピート決定です◎(笑)




さてと、話は長くなりましたが(笑)
今日は銭湯と関係があるヒートショック予防についての
お話をしていきます~

銭湯がヒートショック予防につながる?

th
ひとりでお風呂に入る方が多いとは思いますが
 ヒートショックによる死亡事故を防ぐためには 可能な限り、
一人での入浴は避けましょう!


家族による見守り、公衆浴場、日帰り温泉などを利用し
万が一の場合にもすぐに対応してもらえるようにすることが大切です。


 一人で入る場合でも浴室の温度が上がりきらない
1番風呂は高齢者には勧めないようにしましょう。
また、入る前に同居者に一声かけておくことで安全が保たれます。


家族で協力し合い
家族の安心・安全を守って行きましょうね。


一人暮らしの方はこれが難しくなると思いますので
内窓の取付など環境面での対策もしていきましょう!
内窓のご相談はご気軽にお問合せ下さい!
ご相談・見積もりは無料です☺
マドリモ簡単シュミレーションはこちら。


☆内窓のカンタン見積もりシュミレーションはこちら
http://kobe-rokko.madoshop.jp/shop/madoremo/

ヒートショック予防④

2017年12月11日|カテゴリー「園田ブログ
294d2c27f1f1b1e5f449dce0353411a9
みなさん、こんにちは☺
今日も園田です☺


今週からは寒波が到来しさらに冷え込むそうですね
そんな、寒い日は温かい飲み物を飲みながら、こたつに入って
ぬくぬくと過ごすのが幸せですよね


ここでいきなりですが問題です!
緑茶は身体を温めるのに一番最適である!
〇か✖どっちでしょう?

正解は…







【✖】です!


日本人がよく飲む緑茶。
実は緑茶には飲みすぎると体温を低くしてしまう効果があるんです!!

緑茶は和菓子にも合いますし、美味しいのですが
身体の冷えを気にするのならNGなんです。
ちなみに手軽に飲めて体を温めてくれる飲み物は
温かいウーロン茶や温かい紅茶なんだとか◎


ぜひ、試してみてください☺
身体ぽかぽかで免疫力をあげて風邪をやっつけましょう



では、今日もヒートショックについてお話していきますね☺

重要な湯温設定は?



ondokei
これまで、ヒートショック予防について時間や入浴前の浴室環境の作り方について
ご紹介してきました!
今回は適切な湯温設定温度についてです!

さて、お湯の熱さってお好みが分かれますよね。
熱いお湯でサッと!スッキリ!という方や
ぬるめのお湯でじっくり長時間という方もおられます。
では、ヒートショック予防に適した湯温はどれくらいでしょうか。



それは、41℃以下です!


41℃以下にしておくと、温めておいた浴室や脱衣所との温度差も
10度以上開く危険が少なくなります!


また、お湯につかる前は足元から掛け湯をするようにして
身体がビックリしないよう、徐々に体に慣らすように心掛けてください。
先にシャワーを浴びる・シャワーのみの場合も足元からかけるようにしてあげてくださいね。


ゆっくり気持ちよく浸かってしっかりと体を温めて
日頃の疲れや冷えを取り除いてあげましょう。


さあ、ぽかぽかになってきたし
そろそろ上がりましょうか……


ちょっと待って!
ここであと一つ注意点が!

お湯からあがる時も油断大敵です!!!
一気に出たい気持ちも分かりますが、それが危険の元。血圧の急激な変化の原因となります。
時間をかけてゆっくりと出るようにしましょう!!


冬のお風呂は気持ちがいいものですよね。
ヒートショックに注意して快適な入浴時間を過ごしてください☺

ヒートショック予防③

2017年12月7日|カテゴリー「園田ブログ
こんにちは☺
園田です◎


今年もあと一か月を切りましたね!
何かやり残したことなどないでしょうか?
今年のお正月に立てた目標は達成しましたか?

私は毎年健康に過ごすという目標を立てていて
今年は暴飲暴食生活から脱出するために
食べるものに気を付けたり、早寝早起きを心がけて
より健康的な一年を過ごせたと思うので◎としておきます☺(笑)

今年やり残した事・なかなか決心がつかずにできなかった事
思い切りやってしまって気持ち良い新年を迎えましょう◎

さあ、今日もヒートショックの予防についてお話していきます~!

お風呂に入る時間にも関係が!


c7d781dd795caff38c615fca384d80db
みなさんはだいたい何時ごろにお風呂に入るでしょうか?
 夕食前、夕食後、寝る前、もしくは朝に入るという方もいらっしゃいますよね!


ヒートショック予防に一番有効な時間帯はいつだと思いますか?

…正解は夕食前や日没前です!!


日没後に比べて外気温がまだ高く、脱衣所や浴室が冷え込まないことと
人の生理機能がピークにある午後2時から午後4時頃に入浴することで
外気との温度差への適応がしやすいんです!!


日没前はお仕事をされている方はなかなか難しいと思いますが
夕食前はすぐにでも実践できると思うのでぜひ取り入れてみてください~!

scroll-to-top